岡山県岡山市,新見市のあかり薬局グループです。

株式会社あかりファーマシー

7143493.jpg現在、分業率は頭打ちの傾向ですが経済中心の医療改革が推し進められる中、改めて医薬分業のメリットが注目されています。

・2012年 薬価改定により大幅な薬価引き下げ
・2014年4月 消費税の増税予定
  →薬価差益減少
   →院内投薬の経済的メリット減少
・後発品推奨CMなどにより患者からの後発品依頼の面倒を回避
・診療報酬減少による経営負荷
  →院外処方により人件費削減・処方箋料算定
・在庫を心配する事なく薬を処方する出来る事による治療法選択肢の拡大
・一包化・嚥下困難対策など、調剤方法による患者様の利便性向上

現在院内投薬をされている先生方は今一度、院外処方・分業を検討してみては如何でしょうか?

しかし、現実には
処方箋枚数が少ないので薬局が寄ってこない。
医療のパートナーになるので見知らぬ人に任せたくない。

門前のパートナーにしたい薬剤師さん、MRさんがいらっしゃいましたら当方で説得交渉も可能です。大手チェーンとは異なり、当方で紹介する「経営者=薬剤師」の薬局は患者さんのケアも良く、Drとの関係性構築にも積極的です。分業を検討・門前調剤を御所望の先生は是非弊社の分業支援をご利用下さい。

実際、医薬分業にした結果患者数が減ってしまった不幸なクリニックの話を聞くことがありますが、あかり薬局グループは、徹底したスタッフ教育を行い、患者数を増やし門前医院に還元するのを目標にしていますので、今まで分業されても患者数が減るというようなことは起こっていません。

全面的に分業を行わず、在宅患者のみや、介護施設のみの分業もご相談下さい。介護保険による居宅管理指導料算定などによる収益改善も期待できます。